知っておきたい!機械式時計の手入れの仕方

長く使える機械式時計

機械式時計は、止まってもゼンマイを巻き上げればまた動き出す為、長く使い続ける事ができる時計として愛されています。ただ、いつまでも良い状態で使い続ける為には、日々のメンテナンスが重要です。

ゼンマイの巻き方も大切

機械式時計にとって欠かせないのが、ゼンマイの動力です。

ゼンマイを巻く時に重要になってくるのが、毎日1回、同じ時間に最後まで巻いておく事です。1日に何回もゼンマイを巻き上げるよりも、1日1回と決めて巻き上げる方が、時計が長持ちします。

使う中で劣化をしていくもの

機械をスムーズに動かす為に欠かせないのが、潤滑油です。ですが、使っている間に潤滑油の効果は薄れていく事になります。良い状態で使い続ける為には、定期的に潤滑油を補給していく事が大切です。

更に、ゼンマイ等の部品も、使っていく中で、徐々に劣化をしていく事になります。ゼンマイが切れてしまえば、時計は動かない状態となる為、良い状態で使う為には、定期的なオーバーホールが必要です。オーバーホールを行えば、潤滑油の補給等もして貰う事ができます。

自宅でできる手入れ法

自宅でも手軽にできる手入れ方のひとつが、使い終わったらきれいに拭いておく事です。

腕時計を身につけると、皮脂や汗等の汚れが付着する事があります。汚れが付着したままにしておくと、機械が酸化し、故障の原因となってしまいます。ですから、使い終わったら汚れを落とすようにしておくという事は、時計を長持ちさせる為に有効な方法です。

拭く時は、セーム革や柔らかい布を使う事がおすすめです。

パテックフィリップは1839年に2人のポーランド人により創業され後、後に最高級機械式時計メーカーと呼ばれるほどの世界3大高級時計メーカーの1つと言われています。