機械式時計を隅々までキレイにケアしてできるだけ長く使おう

長持ちさせるための工夫

おしゃれな機械式腕時計を長持ちさせるための工夫がいくつかあります。機械式腕時計を一日中腕に着けていると、自分の汗で濡れたり、皮脂がついて汚れてしまいます。また、人込みの中で過ごすと、タバコのヤニや排気ガスなどが機械式腕時計に良くない影響を与えてしまいます。そのため、機械式腕時計を使った後は、時計を拭く専用の柔らかい布で隅々までキレイに拭くことが肝心です。細かい傷がつくとよくないので、必ず柔らかい布を使うことが大事です。細かい部分の汚れが布で取れない場合は、歯ブラシや綿棒を使うときれいにごみや汚れを取り除けます。空拭きで取れない汚れが機械式腕時計についてしまったときは、ウェットティッシュで傷がつかない程度の力でこするといいです。また、機械式腕時計の表だけでなく裏もキレイに拭くことが機械式腕時計のケアをするためには大切です。

細かい部分までしっかりキレイにする

なかなか取れない汚れをしっかり取りたい場合は、防水加工がしてあるモデルであれば、ぬるま湯につけて洗うことでキレイにすることが可能です。レジャーで海に行ったときには、塩分が機械式腕時計に残ってしまいがちです。塩分のせいですぐにサビてしまうリスクを避けるためには、ぬるま湯で細かい部分までしっかりキレイにすることを忘れずにするべきです。機械式時計は、毎日動いている方が潤滑油がスムーズに行き渡って、壊れにくいです。何か月も使わないと、潤滑油が固まってしまい故障の原因になってしまうので注意が必要です。

ダミアーニとは、婚約指輪、ピアス、ネックレス、ブレスレットなど女性か男性まで幅広く使用出来る、ジュエリーブランドです。